Microsoft Office 365 のセキュリティ保護

現状に満足せず、SaaS への対応を実現。

Office 365 に移行する目的は、IT の運用をシンプルにし、コストを削減することでした。 しかし、クラウド時代においては、機密データはエンドポイント、クラウド、第三者の間で移動するため、Microsoft ネーティブの保護機能では、セキュリティの課題に対応するのに十分ではありません。

概要を見る インフォグラフィックを見る

ESG ガイド

ESG の『Microsoft Office 365 をセキュリティ脅威から保護するためのガイド』

Office 365 に組み込まれているセキュリティ機能はさまざまなニーズに対応するように設計されていますが、お客様のビジネスに固有のその他のニーズに対応してデータを保護するには、追加のセキュリティが必要な場合があります。 このガイドは、以下の支援のために Enterprise Strategy Group とシマンテックが協力して作成されています。

  • Office 365 への安全な移行
  • クラウドにおいてメール、ファイル、その他の機密情報の安全性を確保する
  • クラス最高のセキュリティを実現するために補完的なセキュリティソリューションを検討する

ホワイトペーパー

アカウントの乗っ取り、ランサムウェア攻撃、情報漏えいの防止

Office 365 などのクラウドアプリケーションへの移行は、多くのメリットをもたらしますが、一方で代償も伴います。セキュリティの可視化と制御が失われるのです。フィッシング、ランサムウェア、情報漏えい —Office 365 によってセキュリティの構成が変わります。 シマンテックがお届けするソリューションを、ご確認ください。

  • アカウントを乗っ取ろうとする悪質な試みを特定する
  • Office 365 経由のランサムウェア感染を防止する
  • 機密データの安全性を確保する

Office 365 はコラボレーションに便利ですが、情報漏えいの防止は不十分です。 お任せください

Office 365 でアカウントの乗っ取り攻撃が心配ではありませんか。 お任せください

Office 365 経由のランサムウェア感染の防止は新たな領域です。 お任せください

Office 365 とすべてのクラウドサービスの最も機密性が高いデータを保護

  • Office 365(OneDrive、電子メール、SharePoint、Yammer、Azure)と、100 を超えるクラウドアプリケーション全体で、重要な知的財産やコンプライアンスが重視される情報を自動的に検出。
  • シンプルだが妥協のないデータセキュリティを実装して、アクセスを制御。多要素認証(MFA)にレベルアップして、承認されたアクセスを保証する。メッセージレイヤーとファイル暗号化を追加して侵害を防止し、GDPR の要件に対応。
  • Microsoft Office 365 と Azure、Amazon Web Services、および 100 を超える SaaS アプリケーションに関するデータ保護のポリシー、インシデント、レポート作成を統合。同じポリシーオーケストレーションを、オンプレミスのデータ、エンドポイント保護、ネットワークの情報漏えい防止に適用。

Office 365 の電子メールへの安全な移行

電子メールは、サイバー犯罪者から従業員への 1 つの直接パスであり、危険が潜んでいます。 Symantec Email Security.cloud を使用してしっかりと門を閉じることで、利用可能なスパム対策、マルウェア対策の最高の効果を得ることができます。

  • スピアフィッシングや資格情報攻撃に利用される潜在的に悪質なリンクを隔離。
  • 送信者の認証プロトコルをはるかに超えた高度な手法を使用した巧妙なビジネスメール詐欺(BEC)攻撃を阻止。
  • 高度な機械学習、サンドボックス、ふるまい分析エンジンにより、マルウェアファイルをスキャンして除去。
  • 非常に高度な攻撃を識別および修正するインテリジェンスにより、標的型攻撃の分析を実施。

業界最先端のクラウドアクセスセキュリティブローカーを活用して、Office 365 のセキュリティを確保

Symantec CloudSOC は、電子メールとアプリケーションを脅威から防御し、機密データを保護して、アカウントとそのコンテンツをアクセス、使用、共有する方法を制御できます。

  • Office 365 の電子メールとアプリケーションへの移行や、より広範な SaaS クラウドアプリケーションとインフラサービス環境への移行の安全性を確保。
  • 卓越した可視性、制御、アクセスガバナンス、データセキュリティ、脅威防止を Office 365 およびその他で実現。

詳細はこちら >

無料の Office 365 データリスク評価のリクエスト >

データやアプリケーションだけでなく、セキュリティもクラウドへ

クラウドに転送することにより、新たなセキュリティとコンプライアンスリスクが生まれますが、莫大な新しい防衛戦略も可能になります。クラウド型ネットワークセキュリティなら、柔軟性とパフォーマンスを向上させながら、一貫した脅威防止およびデータコンプライアンスポリシーにより、ユーザーがどこにいても保護できます。

Symantec Web Security Service では、セキュア Web ゲートウェイ(SWG)、ウイルス対策スキャン、サンドボックス、Web 分離、情報漏えい防止(DLP)、電子メールセキュリティなど、高度な機能が幅広く提供されます。ユーザーが Web に直接アクセスするときも一貫したポリシーが適用され、機密データがどこに送信されても追跡できます。 Symantec Web Security Service では、次の機能が提供されます。

  • Symantec Web Isolation: ゼロデイマルウェアが Web サイトから従業員に配信されるのを阻止。
  • Microsoft と他のクラウド SaaS プロバイダでコンテンツピアリングが可能な高パフォーマンスのクラウドインフラ
  • Microsoft Office 365 ネットワークおよびアプリケーションの取り組みの変更に適応する自動化されたセキュリティポリシー。

Web キャストを見る: Ask the Experts—Securing Data and Email in Office 365(専門家に聞く — Office 365 でのデータと電子メールの保護)

ESG 社の業界アナリスト Mark Bowker 氏、Insight 社のクラウドセキュリティアーキテクト Richard Diver 氏、およびシマンテックのシステムエンジニアリングマネージャ Jereme Lee が以下の内容についてお話しします。ぜひご参加ください。

  • セキュリティを強化して Office 365 インスタンスを最大限に活用する方法
  • Microsoft が提供するセキュリティ製品と、シマンテックを活用してそれらの製品を補完する方法について理解する
  • Microsoft Office 365 の電子メール、アプリケーション、データセキュリティを拡張して、すべてのクラウドアプリケーション全体で使用できるようにする方法

Natural Gas Distribution Company 社の CISO が Office 365 のセキュリティについて語る

SGN がシマンテックのソリューションで Office 365 インスタンスを保護してクラウドの可視化と制御をどのように実現したかをご確認ください

Williams Advanced Engineering 社の CIO が Office 365 のセキュリティに関する課題の解決方法を紹介

ROKiT Williams Racing が O365 環境でどのようにメールやデータをアカウント乗っ取りの脅威から保護したかをご確認ください