Office 365 向けセキュリティソリューション

可視性、コントロール、保護、パフォーマンスを確保

機密データの損失を防ぎ、ユーザーアカウントを侵害から保護し、メールの脅威を防御し、高度な攻撃をブロックし、Office 365 のエンドユーザー体験を最適化します。

無償のリスク評価 エグゼクティブガイドをダウンロード

コンプライアンスを維持し、データとアカウントを保護

2015 年と 2016 年のシャドーデータレポートによると、Office 365 のようなクラウドアプリケーション上のファイルの 20% 以上は広範囲に共有され、情報漏えいのリスクが考えられます。また、約 10% のファイルには機密データやコンプライアンス関連データが含まれています。 

Office 365 を安全に使用するためには、次のことが必要です。

  • アカウント内の機密データやコンプライアンス関連データの可視性と制御を維持
  • ファイル共有による情報漏えいや流出に起因するデータ侵害を防止  
  • 電子メールを介した情報漏えいを防止
  • クラウド内のデータを暗号化で保護
  • Office 365 アカウントにアクセスできるのは権限のあるユーザーに限定
  • リスクの高いユーザー活動や高度な脅威を常時監視
  • 調査用の詳細なログデータでセキュリティインシデントにすばやく対応

シマンテックの統合されたセキュリティシステムが企業全体を保護します。CASB、DLP、電子メールセキュリティ、暗号化、ユーザー認証、ネットワークセキュリティ、脅威防止が連携して効率的にセキュリティを強化します。

計画ガイドをダウンロード

確実かつ安全に Office 365 の電子メールに移行

Symantec Email Security.cloud により、企業は高度なセキュリティ技術、グローバルリソース、実績ある専門知識など、ランサムウェア、BEC、スピアフィッシングといった今日の最も巧妙なメール脅威から身を守るのに必要なあらゆるリソースを活用できます。

Email Security.cloud で Office 365 の電子メールを保護すると、次のことが可能になります。

  • エンドポイントをランサムウェアに感染させ、ユーザーを騙して企業の資格情報を盗み出すスピアフィッシング攻撃に利用される潜在的に悪質なリンクを隔離します。
  • 基本的な送信者認証プロトコルの実装をはるかに超える高度な手法と技術を使い、巧妙なビジネスメール詐欺をブロックします。
  • 確立された機械学習とふるまい分析エンジン、および仮想マシン認識型ペイロードを検出する高度なサンドボックス機能を使用して悪質なファイルと添付ファイルを封じ込めます。
  • 脅威分析で電子メール攻撃を詳細に可視化し、攻撃をすばやく修復するためのインテリジェンスが得られます。
  • 最も効果的で正確なスパム対策およびウイルス対策ソリューションを企業に提供します1

概要を見る

Office 365 を狙う脅威から企業を保護

攻撃者は、企業に侵入してデータを盗み出す主な手段としてクラウドアカウントを狙い、マルウェア、高度な脅威、フィッシングなどの手口を利用してアカウントを侵害します。
 
シマンテックのソリューションが、アカウントの侵害を検出して修復し、マルウェアと高度な脅威から保護し、マルウェアによる Office 365 アカウントの乗っ取りやデータの盗難を阻止します。

最高クラスの Office 365 用 DLP および CASB

Office 365 アカウントからデータ損失につながる盲点を探し出します。統合された DLP および CloudSOC により、オンプレミスからクラウドまであらゆる場所に情報漏えい防止機能を拡張します。

Office 365 アカウントのトランザクションやデータに対して直接的な可視性と制御を提供することにより、クラウドアプリを標的とする脅威から企業を守ります。

  • Office 365 を含む 60 以上のクラウドアプリで機密データを検出
  • Office 365 にも、社内の他のアプリと同じ DLP ポリシーとワークフローを使用
  • 単一の統合管理コンソールから、エンドポイント、データセンター、ネットワーク、クラウドアカウントなどあらゆる場所に DLP ポリシーを適用
  • ユーザーふるまい分析によって潜在的な脅威を検出し、ユーザーのトランザクションにポリシー制御を適用
  • クラウドインシデントの調査用に詳細なログデータを見やすく分かりやすく表示

概要をダウンロード 詳細はこちら

ユーザー体験と WAN 帯域幅の使用を最適化

Office 365 を導入すると WAN のトラフィックが拡大し、データ量もインターネットへの同時接続数も増加します。既存の帯域幅を最大限に有効活用して、ビジネスに不可欠なトラフィックを優先させるとともに Office 365 のエンドユーザー体験を高めましょう。

重要なサイトで PacketShaper QOS および ProxySG キャッシングを使用することで、パフォーマンスを高速化し、Office 365 に対するユーザーの期待を超えることができます。

パフォーマンスガイドをダウンロード

リソース

レポート

その他のリソース