Symantec.com > 企業・法人向け > Backup Exec for Windows Servers, How to /Troubleshooting

Backup Exec for Windows Servers, How to /Troubleshooting



How To / Troubleshooting 情報検索
  • Application Basics
  • デバイス管理
  • メディア管理
  • Continuous Protection Server (CPS)
  • Remote Agent for Windows Servers
  • Agent for Windows 9x-ME
  • Advanced Open File Option
  • Intelligent Disaster Recovery
  • Agent for Exchange
  • Agent for Lotus Domino
  • Agent for SQL
  • Agent for Oracle
  • Shared Storage Option
  • Desktop and Laptop Option
  • Application Basics
  • J275281 Backup Exec 10.x やそれ以上の SharePoint Portal Server エージェントのデバッグログを有効にする方法

  • J285702 Backup Exec for Windows Servers Remote Agent (BEREMOTE.EXE) は 暗号化を使用しているかまたは暗号化の使用レベルによって、とても小さい量からとても大きい量までメモリリークを起こす。

  • J287409 Backup Exec コンソール (bkupexec.exe) はバックアップ選択リストで32以上のサーバを編集した場合、クラッシュします。

  • J287716 スケジュールジョブの設定がジョブモニター内のカレンダ表示から削除した後に不用意に変わります。

  • J288081 ポリシー編集と暗号化キーオプション管理を選択時のメッセージ "Database Exception 0x61040002, souce:Microsoft OLE Provider for SQL Server,result:0x80040e14,このデータは、別のユーザが情報を更新したため、保存することはできません。" について

  • J274398 ユーザインタフェイスを使用しない(サイレントインストール) Backup Exec のホットフィックスやサービスパックのインストール方法。

  • J285509 target="_blank"Backup Exec for Windows Servers (BEWS) サービスがイベントビューアのエラー "33152 - Adamm Database Error: Driver Connect Failure! Error = ERROR_DATABASE_DOES_NOT_EXIST" を表示してスタートしない

  • J302482 Windows 2003 のシステムパーティションをBackup Exec 12.0でバックアップすると、NTUser.datファイルがスキップされる例外が発生します。

  • J255501 Backup Exec for Windows Servers でのロボットライブラリまたはテープドライブに関する問題のトラブルシューティング方法

  • J295209 異なるドライブで同じフォルダ構造を持つ場合、'BEMCMD -o90' コマンドは間違ったドライブにデータをリストアすることがあります

  • J288196 Symantec Backup Exec 11d for Windows Servers と VMware の使用

  • J288452 Backup Exec 11d と VMware の使用に関する FAQ

  • J286004 Backup Exec for Windows Servers インストール時に、"V-225-235: MSXML 4.0 SP2 failed to install" とエラーが記録されます。

  • J288836 Backup Exec Command Line Utility (BEMCMD) にて、ジョブ ID を用いた -o20 でスケジュールジョブのキャンセルを実施すると、 "Return value: -1" と表示される。

  • J269216 Backup Exec がローカルサーバーに接続できず、システムイベントログに、イベント ID 7022 として "7022 Backup Exec サーバー サービスは起動時に停止しました。" が記録される。

  • J252098 Telnet による Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) 通知の確認方法

  • J288914 Backup Exec 11d for Windows Servers のインストール時に "Failed to install SQL Express BKUPEXEC instance with error 28062" とインストールログに記録されます。

  • J285613 バックアップを実行した際、"Backup Exec の RPC サービスが起動したため、ジョブがリカバリしました。ユーザーの操作は不要です。" とエラーメッセージが表示されます。

  • J285830 Backup Exec 11d for Windows Servers (CPS および DLO を含む) と Backup Exec System Recovery が利用する TCP/UDP ポートについて。

  • J277728 イベントログに SuperSocket Info (SPNRegister) に関する警告として以下のイベント ID 19011、エラー 1355 が記録されます。

  • J290108 'システム状態の内容の参照中にエラーが発生しました。ボリュームスナップショットサービスインタフェースへのアクセスでエラーが発生しました。' とエラーが表示され、Windows 2003 Servers のシステム状態がバックアップ出来ない。

  • J262709 Backup Exec 8.x、9.x、10.x での手動のディザスタリカバリ手順によるクラスタ全体のリカバリ方法

  • J285328 Backup Exec プリインストール環境チェックで、WMI エラーが原因で Backup Exec インストールが失敗する可能性があるという警告が表示される

  • J288051 Backup Exec 11d for Windows Servers の SQL 2005 Server Express に Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 を適用する方法(2007.05.07)

  • J282255 Symantec セキュリティ勧告 SYM06-004 - Backup Exec Remote Agents (RAWS, RANW, RALUS)(2006.03.28)

  • J282254 Symantec セキュリティ勧告 SYM06-005 - Backup Exec for Windows Servers(2006.03.28)

  • J282071 Central Admin Server Option (CASO) 環境において、CAS と管理対象サーバの間の通信が途絶した場合、beserver.exe によりメモリの枯渇が発生することがあります。

  • J281704 Backup Exec 9.x / 10.x for Windows Servers および Backup Exec Desktop and Laptop Option (DLO) で既定インストールされる MDAC (Microsoft Data Access Components) 2.8 には、Microsoft 社からのパッチのダウンロードが必要なセキュリティ上の脆弱性があります

  • J281524 『Backup Exec 9.x / 10.x for Windows Servers および Backup Exec Desktop and Laptop Option (DLO) で既定インストールされる Microsoft MSDE 2000 SP3a および MDAC 2.8 には、Microsoft 社からのパッチのダウンロードが必要なセキュリティ上の脆弱性があります

  • J281412 Backup Exec 9.x / 10.x for Windows Servers および Backup Exec Desktop and Laptop Option (DLO) で既定インストールされる Microsoft MSDE 2000 SP3a には、Microsoft 社からのパッチのダウンロードが必要なセキュリティ上の脆弱性があります

  • J279216 Backup Exec 9.1 for Windows Servers に Hotfix 51 もしくは Service Pack 3 を適用すると、Backup Exec のリモートレジストリ アクセスに関する脆弱性 (VX05-003) が再発します

  • J278434 Backup Exec for Windows Servers セキュリティ勧告: 任意のファイルの不正ダウンロードの可能性について

  • J277428 Backup Exec for Windows Servers および Backup Exec for NetWare Servers のセキュリティ勧告について

  • J277062 Backup Exec のコマンドラインアプレット ( BEMCMD.EXE ) で、スクリプト設定の COMMPRESSION_TYPE パラメータが指定通りに機能しません

  • J274187 ファイルやフォルダを除外してのバックアップ時、強制的に DR ファイルを作成または更新させる方法

  • J273419 Backup Exec 8.x および 9.x におけるスタック上のバッファ オーバーフローに対する脆弱性を利用し、遠隔地から不正に任意のコードが実行される危険性について

  • J271882 ExecView 3.x デバッグ用コンポーネント

  • J271586 Windows 2000 のシステム状態のリストア時、” COM+ クラス登録データベースがインポートできません"というエラーになります

  • J270144 Windows XP Service Pack 2 システムへの Backup Exec 本体、または、Remote Agent for Windows Servers (RAWS) のプッシュインストールが "サーバへの接続" エラーで失敗する

  • J270139 Backup Exec for Windows Servers and Windows XP Service Pack 2 に関する情報(重要)

  • J270126 Service Pack 2 が Windows XP システムに適用された後、バックアップ、または、リストアが次のエラーで失敗することがあります。"0xa000848c - ドライブへの接続処理に失敗しました。" "\\サーバ名 に接続できません"

  • J269835 Backup Exec 9.x および Desktop and Laptop Option インストール時に作成されるデータベース ファイル一覧

  • J268794 BEUtility を利用した VERITAS Backup Exec (tm) 9.x for Windows Servers のサービスの開始および停止方法

  • J268724 BEUtility を使用した Backup Exec のインストール済みオプションライセンスの確認方法

  • J268340 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x for Windows Servers データベースオブジェクトの整合性をチェックする方法

  • J268316 Backup Exec 9.x で利用されているデータベースのサイズを圧縮させる方法

  • J268315 VERITAS Backup Exec(tm) 9.x for Windows Servers のデータベースをディスクファイル上にダンプする方法

  • J268309 BEUtility を利用した Bediag.txt ファイル取得方法

  • J267731 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x へのアップグレードが、「PrepInstall。 戻り値 3。」で失敗する。

  • J267184 VERITAS Backup Exec 9.1(tm) でバックアップジョブ実行後にポストコマンドが実行されない

  • J267182 リリースノート VERITAS Backup Exec (tm) 9.1 for Windows Servers revision 4691 - Service Pack 1

  • J267180 VERITAS Backup Exec 9.1 for Windows Server revision 4691 Service Pack 1 について

  • J266179 "ディレクトリが無効です。"(a000fe09 HEX または e000fe09 HEX) エラーにより、バックアップジョブが失敗します

  • J266075 VERITAS Backup Exec(tm) 9.x における "アクセスは拒否されました" または "アクセス拒否" のメッセージに対するトラブルシューティングの基礎

  • J265180 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x for Windows Servers のデータベースに不整合が見つかった場合の修復方法

  • J265051 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x サービスアカウントのパスワードを変更後、「指定されたデータベースは存在しません。」というエラーで、Backup Exec Device & Media Service が起動しない。

  • J264819 VERITAS Backup Exec (tm) 9.1 for Windows servers の Microsoft SQL Server Desktop Engine インストールログ ( MSDE_BKUPEXEC.log ) に "Error 1311. Source file not found (cabinet)" が表示され、Backup Exec のインストールが中断されます

  • J264719 BEGATHER ユーティリティの実行方法

  • J264665 スケジュールジョブ実行直後に、"タイムウィンドウに存在しません"のステータスになります

  • J264616 SQL がインストールされているサーバーのバックアップを実行時、イベントビューアログに、イベントID57860 サーバへのログイン試行中にエラーが発生しました。…SQL エラー番号0011”がエントリされる

  • J263776 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x でローカルもしくはリモートのメディアサーバーを、バックアップやリストアする場合、次のエラーでジョブが失敗します。" Backup Execのジョブエンジンとリモートエージェント間で通信障害が発生しました。"

  • J263570 VERITAS Backup Exec (tm) for Windows Serversのプリ/ポストコマンドを使用している場合、ポストコマンドは、バックアップ完了直後からベリファイが開始される前までに実行されます

  • J263295 BESERVER サービスを開始できない; オブジェクト13で内部エラー14が発生

  • J263037 VERITAS Backup Exec(tm) 9.x または 10.x を Windows 2003 にインストール後、ネットワーク負荷分散サービスの起動に失敗した事を示すエラーメッセージが出力される。

  • J262762 メディアサーバ側で、”バックアップジョブの完了パーセンテージと残り時間を表示する。"オプションが選択されていて、更新日付を使用したフルもしくは増分バックアップを実行すると、Bebgine.exe で Dr. Watson が発生します

  • J262695 VERITAS Backup Exec (tm) 9.0 for Windows Servers は Java Runtime Environment 1.2.2 をインストールします

  • J261993 エラー "ライター ステータスの照会でエラーが発生しました" (a000fed1 HEX or e000fed1 HEX) の VSSADMIN を使用したトラブルシューティング方法

  • J261695 VERITAS Backup Exec (tm) 9.1 for Windows Servers ソフトウェア互換リスト

  • J261454 VERITAS Backup Exec (tm) のメディアサーバあるいはバックアップターゲットで、Windows の services ファイルの Network Data Management Protocol (NDMP) ポートを変更しても、NDMP ポートの変更が反映されません

  • J260507 Backup Exec 9.1 for Windows Servers へのアップグレード手順について

  • J259874 リモートシステムのバックアップ時に "ドライブへの接続処理に失敗しました。" エラーが報告されます

  • J259152 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x for Windows Servers の Active File Exclusion 機能を解除する方法

  • J258764 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x のインストール作業で Java Runtime Engine のインストールに失敗する。また手動で \WINNT\INSTALL\JRE ディレクトリから Java Runtime Engine をインストールしようとしても失敗する

  • J258604 更新日時による差分/増分バックアップの実行の際、同一バックアップ選択を使用しないと、更新日時によるフルバックアップと同程度のバックアップ時間がかかります

  • J258331 バックアップジョブが "Backup Execのジョブエンジンとリモートエージェント間で通信障害が発生しました。" というエラーで失敗する

  • J258235 VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers の中国語、日本語または韓国語版をインストールする際、2バイト文字を2文字以上含むパスにインストールパスを変更すると、リブート後 Backup Exec Server Service(Beserver.exe) が起動しない

  • J258144 VERITAS Backup Exec (tm) 9.0 for Windows Servers を Microsoft SQL Server 7.0 Cluster 上にインストールしないで下さい

  • J257336 VERITAS Backup Exec 9.x を Windows NT 4.0 サーバにインストールした後、サーバの再起動時に Backup Exec のサービスが自動起動に失敗する

  • J256661 VERITAS Backup Exec (tm) SQL インスタンスへの接続テストを短時間で実施する方法

  • J256057 Backup Exec 9.x の共通ジョブログエラーコード (エラー説明付き)

  • J255498 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x for Windows Servers の使用する Network Data Management Protocol 用ポートの変更方法

  • J255476 VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers エラーメッセージ一覧 (全メッセージ)

  • J255032 Backup Exec 9.x for Windows Servers で MAPI 通知設定の際、"初期化中にエラーが発生しました。MAPI クライアント(たとえば Microsoft Outlook )が正しくインストールされていることを確認し、再度実行する必要があります。"というメッセージが表示されます

  • J254826 Backup Exec for Windows Servers 9.x, 10.x のサービスの停止および起動方法

  • J254678 9.0.4367 Hotfix 1 - Cluster Configuration (VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers を日本語 OS 上で Microsoft クラスタアプリケーションとして構成する場合、アプリケーションエラーが発生する)

  • J254246 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x for Windows Servers 用サービスアカウントのユーザネームとパスワードの変更方法

  • J254239 サービスアプレットを使用して VERITAS Backup Exec(tm) 9.x の"サービスアカウント"を変更した後に、"バックアップ"ボタンをクリックすると、エラー・メッセージ:"クライアントは要求された特権を保有していません"が表示されます

  • J254238 ローカルまたはリモートのサーバ/ワークステーションにおいて VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers の診断ファイル bediag.fax を作成する方法

  • J254212 Windows NT 4.0, Windows 2000, Windows XP および Windows 2003 プラットフォーム上の VERITAS Backup Exec 9.x for Windows Servers でデバックログを有効/無効に設定する方法

  • J253928 評価版 VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers にシリアル番号を入力してライセンスを追加する方法

  • J253794 VERITAS Backup Exec (tm) 9.0 for Windows Servers サービスの説明

  • J252437 VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers インストールのトラブルシューティング

  • J252037 VERITAS Backup Exec (tm) ジョブをキャンセルすると、"Event ID 34114 Backup Exec Alert:ジョブキャンセル" が記録されます。

  • J251970 VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers において Hypertext Markup Language (HTML) および TEXT 形式 でジョブログを保存する方法

  • J247931 Backup Exec サービス起動中またはリブート中にエラーメッセージが表示される。"デフォルトのメールクライアントが設定されていないか、現在のメールクライアントがメッセージリクエストを処理できません。Microsoft Outlook を実行してデフォルトのメールクライアントに設定してください"

  • J241419 VERITAS Backup Exec (tm) を Windows XP に導入し、バックアップで保護できるようにする為の ”簡易ファイル共有”の無効化方法

  • J207001 バックアップジョブが次のエラーメッセージで失敗します。 "ディレクトリが見つかりません。ディレクトリ <\ディレクトリ名> とそのサブディレクトリのデータをバックアップできません。" または "ディレクトリが無効です。"

  • J192349 Backup Exec UNIX Agent によりファイルをバックアップする場合、Backup Exec for Windows Servers は大文字と小文字を区別したディレクトリやファイル名をサポートしますか?

  • J192302 Backup Exec がインストールされていないサーバで "Bediag" を実行する方法

  • J191065 VERITAS Backup Exec for Windows NT はバックアップ実行後、アクセス日付を変更しますか?

  • J190979 VERITAS Backup Exec (tm) 7.3, 8.x, 9.x for Windows NT における SGMON ユーティリティを使ったライブデバッグ方法

  • デバイス管理
  • J230206 Backup Exec で報告されたテープアラート (ハードウェア) メッセージの原因特定方法について

  • J279532 0xe00084ee - 不正なコマンドがバックアップデバイスに送信されました。

  • J272243 Backup Exec 9.x and 10.0 にて、SCSI デバイス情報の確認方法

  • J231679 トラブルシューティングのための Removable Storage サービスの停止方法

  • J280011 "I/O デバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした。" にてバックアップが失敗します。

  • J283866 テープデバイスに対するバックアップジョブが失敗し、0xe00084f4、あるいは 0xa00084f4 とともに"不明なエラーが発生しました。" と記録されます。

  • J280508 "最終エラー: 0xe00084ed - ハードウェアエラーが発生しました。" と記録され、バックアップ、あるいはリストアジョブが失敗する。

  • J269716 Backup Exec 9.x for Windows Servers でバックアップフォルダが破損した場合に、バックアップフォルダの構成ファイルを作り直す方法

  • J266180 "データ エラー (巡回冗長検査 (CRC) エラー)" (00000017 HEX) エラーが Backup Exec のジョブで発生します

  • J264273 VERITAS Backup Exec (tm) for Windows Servers 9.x で、Dell PowerVault 110T-LTO2 を使用している場合に、イジェクトジョブが実行されると、 Event ID 33152 のエラーがイベントログに出力される

  • J263984 Backup Exec 9.1 revision 4691 で、どのドライバリリースがインストールされているのかを確認する方法

  • J261728 Microsoft "storport" ドライバを使用している Windows 2003 サーバに、VERITAS Backup Exec (tm) 9.0 リビジョン 4454 または Backup Exec 9.1 リビジョン 4691 のデバイスドライバをインストール後、リブート時にブルースクリーンエラーが発生する場合がある。

  • J259030 VERITAS Backup Exec (tm) 9.0 および 9.1 ではテープドライブ構成で新しい設定が可能です

  • J255418 VERITAS Backup Exec 9.0 でバックアップが失敗し、次のエラーを出力する場合があります。"デバイスまたはメディアを取得できません。物理ボリュームライブラリの無効なクライアント識別子"

  • J248089 VERITAS Backup Exec(tm) のデバイスタブで テープドライブが、断続的にオフライン状態になり、"イベントID:15 デバイス \Device\SCSI\device_name はまだアクセスできる状態ではありません。" がイベントビューアのシステムログに記録される

  • J241684 テープデバイスに対しメディア操作を実行すると、システムイベントログにイベントID7が記録されます

  • J239795 VERITAS Backup Exec (TM) 8.6 for Windows NT and Windows 2000 および Backup Exec 9.x for Windows Servers において、ディスクへのバックアップ フォルダの場所を変更する方法

  • J238026 ディスクへのバックアップ フォルダを作成しようとすると、”同名のディスクへのバックアップ フォルダが存在するため、指定した名前のディスクへのバックアップ フォルダは作成できません。" と警告されます。

  • J236295 ディスクへのバックアップジョブ実行時に次のアラートが表示されます。"ディスクへのバックアップがオフラインです"

  • J192216 バックアップ/ベリファイが失敗した場合、Backup Exec のジョブログにエラーメッセージ "データ エラー (巡回冗長検査 (CRC) エラー)" (00000017 HEX)が報告される

  • J191694 VERITAS Backup Exec (tm) 7.x, 8.x, or 9.x において、どのようなメディア操作を行っても、エラーメッセージ "データ終端への早送り要求のエラーを返しました。 I/O デバイス エラーが発生したため、要求を実行できませんでした。" が報告されます

  • J191664 バックアップ中に"無効な要求"のエラーメッセージが画面上に表示されたり、ログファイルに記録されます。

  • J191158 SCSI バスタイムアウトの改善方法

  • J191087 VERITAS Backup Exec でバックアップを実行中、ベリファイ中に I/O エラーが発生します

  • J190598 バックアップ実行中に、"データ終端への早送り要求のエラーを報告しました。" と "セマフォがタイムアウトしました。" または " SCSI バスがタイムアウトしました。" のエラーが発生します

  • メディア管理
  • J279773 HP Ultrium 1x8 オートローダー / ロボティックライブラリでテープにラベルをつけることができない

  • J263136 クリーニングジョブ完了後、ロボティックライブラリは、たとえクリーニングテープ スロットに指定されていなくても、最初の空きスロットにクリーニングメディアを戻します

  • J192130 バックアップまたはベリファイ中に、エラーメッセージ "不良データ" が記録されます

  • J192055 VERITAS Backup Exec がメディアアラートに自動応答するよう設定する方法

  • Continuous Protection Server (CPS)
  • J277933 Continuous Protection Agent サーバーが Continuous Protection Management に接続出来ない。

  • J285577 Continuous Protection Server (CPS) ライセンスキーは、Remote Agent for Windows Servers のシリアルナンバーとなります。

  • J286924 Backup Exec Continuous Protection Server (CPS) BERetrieve コンソールの [検索]、[最近のアクティビティ] の項目にファイルが表示されない。

  • J285760 Backup Exec 11d の推奨事項について: Backup Exec Continuous Protection Server (CPS)

  • J284390 Continuous Protection Server (CPS) 10d スナップショットのインデックス作成処理の概要

  • J277876 I/O 高負荷時に Backup Exec Continuous Protection Server から応答がなくなったり、サーバーがハングアップすることがある

  • Remote Agent for Windows Servers
  • J265086 Backup Exec 9.x and 10.x for Windows Servers にてリモートサーバーをバックアップ選択対象に選んだ場合、"アクセス拒否" と表示されます。

  • J276906 リモートサーバー上の Backup Exec Remote Agent が起動時に停止し、リモートサーバーのシステムイベントログに、イベント ID 7022 として "Backup Exec Remote Agent for Windows Servers サービスは起動時に停止しました。" が記録される。

  • J278434 Backup Exec for Windows Servers セキュリティ勧告: 任意のファイルの不正ダウンロードの可能性について

  • J277428 Backup Exec for Windows Servers および Backup Exec for NetWare Servers のセキュリティ勧告について

  • J262170 Remote Agent のライセンスを必要とするすべての Backup Exec のエージェント製品には、1つの Remote Agent のライセンスが含まれます。

  • J259353 Remote Agent for Windows Servers のインストールが次のエラーで失敗することがある。"Otman5.sys exists. Unable to uninstall a previous version of Open File Option. Please manually remove it from system."

  • J258982 VERITAS Backup Exec (tm) Remote Agent for Windows Servers または Advanced Open File Option のローカルインストールを行う方法

  • J255171 Remote Agent for Windows Servers (RAWS) のインストールにおいて、初版の Backup Exec 9.0 for Windows Servers に含まれるインストール手順に従わない場合、ドライブのルートからファイルを削除する可能性がある

  • J234320 インストールログ (bepush.log) は、Remote Agent for Windows NT and Windows 2000 のインストールに失敗したときのトラブルシューティングするときに使用できます

  • J192349 Backup Exec UNIX Agent によりファイルをバックアップする場合、Backup Exec for Windows Servers は大文字と小文字を区別したディレクトリやファイル名をサポートしますか?

  • Agent for Windows 9x-ME
  • J192374 Backup Exec Windows 9x / Me エージェントを手動で削除する方法

  • Advanced Open File Option
  • J278779 「AOFO: 初期化に失敗しました。: "\\\Shadow?Copy?Components" Advanced Open File Option 使用: Microsoft Volume Shadow Copy Service (VSS) スナップショット プロバイダ エラー (0x8007000E): メモリが不足しています」と表示され、バックアップジョブが失敗します。

  • J264490 Advanced Open File Option (VSP.SYS 1.03)

  • J263784 Open File Option と Advanced Open File Option の使用用途について

  • J261831 Advanced Open File Option を使ったバックアップジョブが失敗するとき、「ディレクトリまたはファイルが見つからないか、アクセスできませんでした」 (a00084af HEX または e00084af HEX) が報告されます。

  • J258341 VERITAS Backup Exec (tm) 9.x の Advanced Open File Option を使用したバックアップジョブで、"物理ボリュームで最小非アクティブ時間を取得できませんでした。" または、" セマフォがタイムアウトしました。" と出力されジョブが失敗します

  • J257115 Windows NT 4 プラットフォーム上で McAfee NetShield 4.5 を実行している場合、 Advanced Open File Option キャッシュファイルが削除されない

  • J256762 Backup Exec 9.x の Advanced Open File Option での静的ボリュームのサイズと場所の決定方法

  • J256481 Backup Exec 9.x Advanced Open File Option がリモートサーバにインストールされているかを確認する方法

  • J253620 コマンドプロンプトからリモートWindowsサーバへ Advanced Open File Option をインストール/アンインストールする方法

  • Intelligent Disaster Recovery
  • J283386 リモートの Windows 2003 x64 サーバの Intelligent Disaster Recovery (IDR) の実行が次のエラーで失敗します。 "The resource could not be restored because an error occurred while connecting to the Backup Exec for Windows Servers Remote Agent. Make sure that the Remote Agent is installed on the target computer and running"

  • J275398 Windows 2003 サーバを Intelligent Disaster Recovery (IDR) オプションでリストアし、リブートすると、次のエラーがイベントビューアのシステムログに記録されます 「次のブート開始ドライバまたはシステム開始ドライバを読み込むことができませんでした: TermDD」

  • J274187 ファイルやフォルダを除外してのバックアップ時、強制的に DR ファイルを作成または更新させる方法

  • J269636 Windows2003 サーバを Remote IDR (Intelligent Disaster Recovery) で復旧中、サードパーティ製 NIC ドライバをインストールできない

  • J269426 リモート Intelliget Disaster Recovery 実行中に 「There was an error installing RAWS. Please examine Bedrwiz.log for details」 メッセージが回復中のリモートマシン上で表示されます

  • J268434 Backup Exec 9.x で Intelligent Disaster Recovery 準備ウィザードを実行しているときに、エラー 「A: ドライブのディスクがいっぱいです。別のディスクを挿入してやり直してください」 が報告されます。

  • J266649 バックアップ時にイベントビューアのアプリケーションログに次のエラーが記録されます: "I/O error on backup or restore restart-checkpoint file ''C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL$BKUPEXEC\backup\model4IDR.ckp.' Operating system error 3: (指定されたパスが見つかりません。). The statement is proceeding but is non-restartable."

  • J265796 VERITAS Backup Exec 9.1 において、Intelligent Disaster Recovery を使いながらのバックアップ中に %systemroot%\System32\Drivers\etc 内の "services" ファイルが変更されてしまいます

  • J263986 VERITAS Backup Exec (tm) Intelligent Disaster Recovery オプションを使用したリカバリ中にハードディスクドライブをパーティションしないようにする方法について

  • J253919 Intelligent Disaster Recovery で手順に従ってリブートを行うと、何も表示されない画面が立ち上がる

  • J252457 Intelligent Disaster Recovery を使用して Windows 2000 のサーバを復旧するとき、VERITAS Backup Exec (tm) が自動的にパーティションを作成しないようにする方法について

  • J237521 Backup Exec に Remote Intelligent Disaster Recovery オプションをインストールする方法

  • Agent for Exchange
  • J293854 Backup Exec 11d Exchange のインフォメーションストアデータベースバックアップジョブがエラー "Access denied to database Log files" で失敗する

  • J294322 Hotfix 24 を適用した後に警告メッセージ "インフォメーションストアのバックアップで個々のメールメッセージとフォルダのリストアをサポートするには、Microsoft Exchange Server MAPI クライアントおよび Collaboration Data Objects バージョン 06.05.7888 以降をダウンロードし、Exchange Server 2007 にインストールする必要があります。"が発生する。

  • J285294 Microsoft Exchange のバックアップ実行時に "Microsoft Exchange トランザクションログの、スナップショットの一貫性チェックに失敗しました。" とのエラーがジョブログに表示される。

  • J287804 Exchange 2007 Server のデータ保護のスタンダード Symantec Backup Exec. 11d for Windows Servers

  • J270151 Backup Exec のバックアップ選択リストに Information Store が表示されません

  • J267692 Microsoft Exchange 2003 メールボックスバックアップにおいて、”アクセスが拒否されました”というメッセージが表示される

  • J265159 Exchange 2003 のバックアップが "データベースまたはデータベースの要素が破損しています" エラーにより失敗します

  • J261457 Microsoft Exchange のメールボックスのバックアップ失敗時に "項目のバックアップが不良です"(a000fe2d HEX もしくは e000fe2d HEX) が報告されます

  • J255233 Microsoft Exchange メールボックスのバックアップ中に Dr. Watson エラーが発生し、そのマシン上の Remote Agent for Windows Servers サービスが停止する

  • J255047 VERITAS Backup Exec(TM) 9.0 for Windows Servers で、Microsoft Exchang 5.5/2000 の個別のメールボックスをバックアップする場合、「警告:<メールボックス>?インフォメーションストアの先頭?<フォルダ>?<ファイル名> が破損しています。このファイルはベリファイできません。」メッセージがバックアップのジョブログに例外として記録されることがあります

  • J242606 Exchange とメールボックスのバックアップのためのトラブルシューティング事前準備リスト

  • J241858 午前1:00から午前5:00の間に、Microsoft Exchange 2000 や Exchange 2003 のサーバをバックアップすると、バックアップのパフォーマンスが低下します

  • Agent for Lotus Domino
  • J278185 多くのデータベースから成るロータスドミノサーバでエージェントブラウザのバックアップ性能を向上させる方法

  • J295168 Agent for Lotus Domino を使用しているとき、アジア系言語の長いデータベースファイル名がスキップされる場合があります

  • J278271 Backup Exec 10.0 にてバックアップを実行した際、"Backup Exec の RPC サービスが起動したため、ジョブがリカバリしました。ユーザーの操作は不要です。" とエラーメッセージが表示されます。

  • J275757 オンライン状態の Domino サーバをリモートバックアップすると、Domino ファイル(*.nsf, *.ntf) ファイルが自動除外されません

  • J265277 パーティション構成の Lotus Domino サーバのバックアップにおいて、データベースおよびテンプレートファイルがスキップされる

  • J252932 Lotus Domino R5/R6 をバックアップするために、アクティブエクスクルージョン機能を停止する方法

  • Agent for SQL
  • J262171 VERITAS Backup Exec でのデータベースバックアップのみを使用した Microsoft SQL 2000 Server のリストア

  • J261935 SQL 2000 master データベースをバックアップするように選択しているとき、バックアップジョブが失敗し、メッセージ「データベース master の照会中にエラーが発生しました。master データベース全体のバックアップだけを実行できます。」が表示されます

  • J237788 VERITAS Backup Exec (tm) for Windows NT / Windows 2000 バージョン 8.x / 9.x では Microsoft SQLデータベースの選択リストに tempdb が表示されません

  • Agent for Oracle
  • J287777 オラクルリストアジョブが次のエラーで失敗する。 " BEError(0xe0001506) 無効なパラメータが指定されました。構成設定を確認して、再試行してください。 "

  • J289675 オラクルデータベースのバックアップが "データベーススクリプトからエラーが返りました。詳しくはジョブログのデータベーススクリプト出力のセクションを参照してください。" のエラーで失敗する。

  • J288361 オラクルリカバリマネージャ (RMAN) のバックアップが ORA-19506: failed to create sequential file のエラーで不定期に失敗する。

  • J262740 Oracle スタンバイデータベース環境において、スタンバイノードから表領域をバックアップしようとすると、エラー "ORA-16000" で失敗する

  • J261833 VERITAS Backup Exec (tm) Oracle Agent を使って単一の表領域をリストアする方法

  • J247881 Oracle 8.1 サーバのバックアップ操作を行うか、または、選択しようとしたとき、Oracle エラー "ORA-01010" または "ret_val=1010" が Oracle Agent デバッグログに生成される。また、表領域が Backup Exec のバックアップ選択画面に表示されない

  • J240306 VERITAS Backup Exec Agent for Oracle Server を使って Oracle サーバの障害復旧を行う方法

  • J234235 インストール済みの Backup Exec for Windows NT and Windows 2000 Agent for Oracle Server のバージョンの確認方法

  • J230456 VERITAS Backup Exec for Windows NT Oracle Agent をデバッグモードに設定する方法

  • J230363 Oracle 8.1 サーバのバックアップ操作を行うか、または、選択しようとしたとき、Oracle エラー ORA-01010" または "ret_val=1010" が Oracle Agent デバッグログに生成される

  • J204583 Oracle のオフライン リストア手順

  • J201121 Backup Exec Agent for Oracle を使用して Oracle に接続しようとするとき、アクセス拒否エラーとなります

  • J191118 Backup Exec Agent for Oracle を使用した Oracle のバックアップ時に、"エラー. ディレクトリ %tablespace% とそのサブディレクトリのデータをバックアップできません。" または "ディレクトリが見つかりません。ディレクトリ %tablespace% とそのサブディレクトリのデータをバックアップできません。"エラーになります

  • Shared Storage Option
  • J254127 クラスタ SAN 環境において、プライマリクラスタサーバがセカンダリノードにフェイルオーバーし追加可能メディアがすべて使用中の場合、フェイルオーバーした追加可能ジョブが待ち状態のままになる

  • J197903 Shared Storage Option (SSO) の既知の制限事項

  • Desktop and Laptop Option
  • J268424 Desktop and Laptop Option のデータベースの修復方法