Amazon Web Services 向け Symantec Cloud Workload Protection

Amazon Web Services(AWS)向けに、柔軟で拡張性のある、クラウドネーティブのセキュリティおよびコンプライアンスの検証を提供します。

自動化されたワークロード保護と保証を無料でお試しいただけます。

Cloud Workload Protection

インスタンスのランタイム保護

無料体験版

要点

  • ワークロードおよびそのセキュリティ体制を自動で発見
  • マルウェア対策とリアルタイムのファイル整合性監視(RT-FIM)を含む脅威防止
  • アプリケーション制御と隔離によってエクスプロイトをブロックし、確実に承認されたアプリケーションのみを本番環境に許可
  • コンテナインフラを標的とする攻撃を特定し、拡散する前にブロックするコンテナ保護

データシートをダウンロード >

Cloud Workload Protection for Storage

S3 バケット向けのクラウドネーティブのマルウェアスキャン

無料体験版

要点

  • パブリッククラウド IaaS ストレージリポジトリとそのセキュリティ体制の自動発見
  • Symantec Endpoint Protection テクノロジーによるスケジュールされた自動マルウェアスキャン
  • ストレージの設定に誤りがある場合や、公共のインターネットに公開されている場合の監視とアラート
  • クラウドストレージとワークロードを保護し、監視するために設計された単一のコンソール

eBook のダウンロード >

Cloud Workload Assurance

継続的なコンプライアンスの検証

無料体験版

要点

  • あらゆるアカウント、サービス、リソースのクラウド使用状況を可視化
  • 誤った設定がないかクラウドサービスを監視し、理解しやすい指示で修復を支援
  • CIS AWS Foundations Benchmark などのよく使用されるフレームワークに対するコンプライアンス体制を検証

データシートをダウンロード >

シマンテックは AWS のパートナーネットワークにおいて SaaS とストレージで認定を受けたアドバンストテクノロジーパートナーです。

Snapper 社が Symantec Cloud Workload Protection for Storage を選んだ理由

ニュージーランドに拠点を置くモバイル決済プロバイダの Snapper 社は、契約により、Amazon S3 に保存された個人の身元を特定する情報(PII)と支払いの詳細情報を、マルウェアや高度な脅威から保護する必要がありました。同社が Symantec Cloud Workload Protection for Storage を選んだ理由をご覧ください。

ケーススタディを読む >

クラウド設定チェックリストを含む AWS セキュリティのベストプラクティスガイドを確認

AWS セキュリティのベストプラクティスガイドをダウンロードし、以下をご確認ください。

  • AWS アカウントの保護に役立つ 4 つの基本原則。
  • クラウド環境が安全で適切に設定されていることを確認するための 10 の実用的な対策。
  • DevOps プロセスにセキュリティを統合するためのベストプラクティス。