Amazon AWS での Control Compliance Suite のテストドライブ

無料体験版

リスクの優先度に従ったデータセンターのセキュリティ管理とコンプライアンスへの対応

今日のデータセンターでは、セキュリティと IT 運用における優先順位はそれぞれ異なり、多くの場合、それらは一致しません。 そのため、コンプライアンスは後回しになります。 Symantec Control Compliance Suite は、継続的な評価を自動的に行い、セキュリティコントロールと脆弱性を一元的に把握できるようにします。これにより、セキュリティと IT 運用の間で優先順位を設定し、コンプライアンスを容易に実現できるようになります。

Control Compliance Suite は、大手金融機関や大規模企業など、世界中の多くの企業から信頼をお寄せいただいています。

[無料体験版]ボタンを選択すると、Symantec Control Compliance Suite の利用可能なすべてのテストドライブが表示されます。 テストドライブを選択すると、今すぐ、お試しいただけます。以降で、詳細を説明します。

セキュリティ運用の評価

データセンターは本質的に動的なものであるため、物理システムや仮想システムの構成に対する未知の変更(「ドリフト」と呼ばれる)がよく発生します。 正しく構成されていないシステムは、企業のサイバー防御の力を弱め、機密データを危険にさらして、重要なビジネスの停止やセキュリティ侵害のリスクを増大させます。 このような状況では、セキュリティの基準を確立し、この基準に対する評価を継続的に行って構成の誤りを特定するソリューションが必要になります。 Control Compliance Suite では、データベース、オペレーティングシステム、アプリケーション、仮想マシンなどの全体での評価実施方法を、テストドライブで確認できます。 また、ロールベースのカスタマイズ可能な Web ベースダッシュボードやレポートを生成し、リスクの測定や、セキュリティプログラムとコンプライアンスプログラムのパフォーマンスの追跡を行う方法も確認できます。