Symantec Global Intelligence Network

世界最大の民間脅威インテリジェンスネットワークで企業を保護

統合型サイバー防御で圧倒的な可視性と保護を実現

人工知能を利用して 37 億行を超える遠隔測定データを分析することで、シマンテックは業界で最も幅広く詳細な脅威インテリジェンスを提供します。エンドポイント、電子メール、Web トラフィックをここまで可視化できるようになったことで、従来の方法では検出が困難であった高度な標的型攻撃を検出してブロックできます。

シマンテックのグローバルインテリジェンスによる保護の特長:

  • 世界 9 カ所の SOC センターで 1,000 人のサイバーエキスパートが 24 時間体制で対応
  • 1 億 7,500 万台のエンドポイントと 5 千万人のユーザーを保護
  • 製品全体で毎日 80 億件のセキュリティ要求を処理

脅威に関する遠隔測定データの共有で保護を強化

シマンテックは数百万に達する悪質なファイルや URL の脅威インジケーターに関する情報を毎日自動的に更新しています。世界中のシマンテックユーザーのエンドポイント、サーバー、さらにはネットワークトラフィックレベルで収集した遠隔測定データを共有し、他社の製品では実現できない包括的な保護を提供します。

  • 毎日 80 億件の要求を処理
  • 8 千万人の Web プロキシユーザーを保護
  • 1 億 7,500 万台のエンドポイントを保護
  • 6,300 万人のメールユーザーを保護

悪質なフィッシングを排除するプロジェクトドルフィン

ホスト名の 60% が 24 時間以上は存続せず、その多くが犯罪活動に利用されています。シマンテックのプロジェクトドルフィンは世界中の Web サイトを調査して既知のフィッシングサイトに似たものがないかを確認し、罠に掛からないようユーザーを守ります。

シマンテックは機械学習と高度な画像解析を利用して、毎日 12 億件以上の Web 要求にこのテクノロジーを適用しています。シマンテックはドルフィンのリリース以来、エンドポイント、電子メール、および Web セキュリティ製品のポートフォリオ全体で 13 万 7,000 件の新しいフィッシング攻撃を検出し、ブロックしてきました。

24 時間体制で脅威を防止

シマンテックは世界 9 カ所でセキュリティオペレーションセンターを運用しており、新たな脅威に 24 時間体制で対応しています。

「Symantec Global Intelligence Network はウィリアムズマルティーニレーシングに多大な貢献をしています」

Graeme Hackland 氏
ウィリアムズマルティーニレーシング
最高情報責任者(CIO)

詳細はこちら