Symantec Integrated Cyber Defense Exchange

面倒な作業が簡単に - 複数のセキュリティソリューションでデータの共有を数分で設定できるようになりました。

Integrated Cyber Defense Exchange(ICDx)により、事前構築されたコンポーネントを一度設定するだけで複数のセキュリティソリューションをサポートできるため、データの共有が簡単になり、迅速に対応できるようになります。既存のお客様に無料で提供されます。

ホワイトペーパーを見る お客様向けの無料ダウンロード

複数のシマンテックソリューションからイベントを収集して管理

ICDx は複数のシマンテックソリューションからイベントを一元的に収集し、正規化、アーカイブします。

  • ログからのイベントとシマンテックソリューションからの遠隔測定データを、属性、オブジェクト、イベントタイプ、カテゴリの共通辞書へとマッピング
  • イベントストレージをオンプレミスデータレイクで管理、またはパブリッククラウドサービスへと転送
  • イベントデータをフィルタリングして、GDPR などのデータプライバシー規制に対応
  • セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)などの SOC ツールが必要とするイベントデータを準備して転送

シマンテックとパートナーソリューションの統合を簡素化

シマンテックソリューションと多種多様なテクノロジーパートナーエコシステムの統合が組み込まれています。

  • Symantec Endpoint Protection(SEP)、Data Loss Prevention(DLP)、Advanced Secure Gateway、Web Security Service などを含むシマンテックのエンドポイント、電子メール、ネットワーク、クラウドセキュリティソリューションをサポート
  • ますます多くのパートナーソリューションが SIEM、オーケストレーション、自動化、分析に対応
  • Splunk、ServiceNow、Elastic など、一般的な SOC インフラツール用のフロントエンドビューアー

対応アクションの迅速化と可視化の向上

複数のシマンテックソリューションを対象とするアクションを統合し、高品質のデータを分析に提供して可視化を高めます。

  • 対応アクション用のインターフェースが標準化されていて、単一のパートナー統合で複数のシマンテックソリューションへのアクションを開始できる
  • 複数のソースから正規化および集約された高品質のデータにより、可視化の向上と実用的なアラートを実現
  • シマンテックエンタープライズ製品のお客様には無料で提供